下関 認知症と 薬局 長谷川式認知症MCIテスト

下関 認知症と 薬局 長谷川式認知症・MCIテスト こちらのチェックシートは、医療機関で認知症の診断に広く利用されている長谷川式の認知症簡易評価スケールです。 >>5分でできる認知機能の簡単セルフチェック(無料)はコチラ 長谷川式認知症簡易評価スケールは、限られた時間と限られたスペースで、医師が効率的かつ公平に認知機能の低下を診断するために1974年に開発され、1991年に一部改定を経て今に至るまで利用されています。 30点満点で、20点以下だった場合、認知症の可能性が高いと言われますが、この診断結果はあくまでも参考です。 このテストの点数が悪かったからといって、即「認知症」と診断されるものではありません。 ですが、気になる場合は、病院に行って検査・診断をおすすめします。 長谷川式簡易知能評価スケール(改訂版) 歳はいくつですか? 2年までの誤差は正解 不正解 0点 正解 1点 今日は何年の何月何日ですか? 何曜日ですか? 年・月・日・曜日が正解で それぞれ1点ずつ 年  不正解 0点 正解 1点 月  不正解 0点 正解 1点 日  不正解 0点 正解 1点 曜日  不正解 0点 正解 1点 私たちが今いるところはどこですか?(正答がないときは5秒後にヒントを与える) 自発的に答えられた 2点 5秒おいて「家ですか?病院ですか?施設ですか?」 の中から正しい選択ができた 1点 不正解 0点 これから言う3つの言葉を言ってみてください。 あとの設問でまた聞きますのでよく覚えておいてください。 以下の系列のいずれか1つで行う 系列1 a)桜 b)猫 c)電車 系列2

下関 認知症と 薬局

下関 認知症と 薬局 厚生労働省の推計によると、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は約15%で、2012年時点で約462万人に上ります。認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されており、65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍と言われています。高齢化の進展に伴い、さらに増えていくことが予想されますが、現在の医療では、多くの認知症は根本治療法も根本治療薬もない「治らない病気」として、世界的な課題となっています。いかに早く認知機能の問題を発見し、早期に治療を始め認知症の進行を遅らせることがとても重要です。 政府・厚生労働省は「認知症施策推進総合戦略」新オレンジプラン(2015年1月公表)において、認知症の早期発見、早期対応のための体制整備として「薬剤師、歯科医師」による認知症への対応を新たな施策として公表しています。 います。

Copyright © 2015 あいあい薬局 All Rights Reserved.

Follow Us
  • Facebook Black Round