Copyright © 2015 あいあい薬局 All Rights Reserved.

Follow Us
  • Facebook Black Round
Please reload

最近の投稿

下関 薬と高齢者の日常生活

September 23, 2019

1/10
Please reload

特集 お知らせ

こどもの薬の一般的注意

February 23, 2015

 

 

こどもの薬の一般的注意

 

 

  • こどもの薬を理解しましょう

     どうして使うのか、薬の名前、副作用などを理解しておきます。医師、看護師、薬剤師などに確認します。薬局では「おくすり手帳」を渡してくれることもあります。2つの科にかかるとそれぞれに薬が出ることがあるので、同時に使っていいのかなど相談しやすくなります。何でも気軽に相談できる「かかりつけ薬局」をもっているのもいいですね。

  • 用法、用量は守って使いましょう

     薬の量はこどもの体重にあわせて処方されています。大人と同じ薬であっても量が違います。量を間違わないようにしましょう。

  • 薬を使った前後の観察につとめましょう

     薬の副作用で気分が急に悪くなったり、発疹が出てきたりすることがあります。使った前後のこどもの変化に気をつけます。

  • 自己判断で薬をつかわないで相談しましょう

     症状が消えたからといっても使い続ける薬もあります。また症状がいっしょだからといって勝手にきょうだいの使い残しを使うのは厳禁です!薬は一人ひとりに応じて処方されたものです。

  • こどもの手の届かないところで管理しましょう

     シロップなど甘くしてある薬も多いので、目の届かないところで親の知らないうちにこどもが大量に飲んでしまうことにならないようにしてください。

  • 服用期間が過ぎたら薬を捨てましょう

     常備薬としてとっておく人もいますが、さっさと捨てます。次の病気が同じ状態であるとは限りません。[特にシロップ等はうすめてあるので長く保存できません]

 

 

http://www.guide.metro.tokyo.jp/type_b/gd13khkdbyltb_in19.asp

 

東京都子どもと医療ガイド

 

 

Please reload

Follow Us
関連用語 タグ