Copyright © 2015 あいあい薬局 All Rights Reserved.

Follow Us
  • Facebook Black Round
こちらも御覧ください

August 7, 2018

高齢者の熱中症対策 下関 熱中症

体育の授業や部活動の他、遠足や登山などの野外活動でも熱中症にかかる場合があります。
また、運動以外でも、高温多湿の場所で活動する際にも十分な熱中症予防・対策が必要です。

  • 高齢者

    高齢者の方は温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症にかかりやすいといわれています。 ご本人および周囲の方は、下記の点に注意して熱中症の予防・対策をおこない、暑い時期を乗り切りましょう。

  • 対策

  • 1.「気温や湿度を」計って知ろう

    高齢者の方は体温の調節機能が落ちてくるため暑さを自覚しにく...

August 7, 2018

児童・中高生の熱中症対策 下関 熱中症

体育の授業や部活動の他、遠足や登山などの野外活動でも熱中症にかかる場合があります。
また、運動以外でも、高温多湿の場所で活動する際にも十分な熱中症予防・対策が必要です。

  • 対策

  • 屋外

  • 1.スポーツで無理をしない

    体力をつけることは熱中症に負けない体作りにつながりますが、最初から頑張らず徐々に体力をつけていきましょう。また、体調の悪いときは無理に運動するのは控えましょう。なお、スポーツ時の水分補給には、塩分や糖分を含む飲料がお勧めです。

  • 2.観戦で熱くなりすぎ...

August 7, 2018

  • 対策

  • 1.水分を多めにとろう

    新陳代謝が活発なため、汗や尿として体から出ていく水分が多く、脱水を起こしやすい体です。水分を多く含む食事や、定期的な水分補給を心がけましょう。

  • 2.熱や日ざしから守ろう

    自律神経の働きが未熟で、放熱や発汗による体温調節がうまくできません。熱のこもらない素材や薄い色の衣服を選んだり、日光を遮る帽子などを身につけたりさせましょう。

  • 3.地面の熱に気をつけよう

    背が低かったり、ベビーカーの利用などで大人よりも地面に近い環境で過ごすことが多く、地表からの熱を受け...

August 7, 2018

特に体温調節機能が十分に発達していない乳幼児は、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれていますので、より一層の熱中症予防・対策をおこなう必要があります。

乳幼児の体温が高いのは、大人よりも新陳代謝が活発なためです。けれど汗腺の発達がまだ未熟でうまく体温調節をすることができないので熱中症に注意してあげなくてはいけません。また背が低いため、大人よりも地面からの熱を受けやすいのです。

例えば気温が32℃のとき、地面から50cmの高さでは35℃、5cmの高さでは36℃以上になります。乳幼児をベビーカーに乗せて外出する時は、大人よりも熱を受けやす...

August 5, 2018

今後も日本海側を中心に厳しい暑さが続く見込みです。熱中症は予防が大事です。室内の温度を調節したり、適宜水分補給するなど熱中症予防対策を心がけてください! 

August 5, 2018

今後も日本海側を中心に厳しい暑さが続く見込みです。熱中症は予防が大事です。室内の温度を調節したり、適宜水分補給するなど熱中症予防対策を心がけてください! 

August 5, 2018

今後も日本海側を中心に厳しい暑さが続く見込みです。熱中症は予防が大事です。室内の温度を調節したり、適宜水分補給するなど熱中症予防対策を心がけてください! 

August 5, 2018

今後も日本海側を中心に厳しい暑さが続く見込みです。熱中症は予防が大事です。室内の温度を調節したり、適宜水分補給するなど熱中症予防対策を心がけてください! 

August 5, 2018

今後も日本海側を中心に厳しい暑さが続く見込みです。熱中症は予防が大事です。室内の温度を調節したり、適宜水分補給するなど熱中症予防対策を心がけてください! 

August 5, 2018

今後も日本海側を中心に厳しい暑さが続く見込みです。熱中症は予防が大事です。室内の温度を調節したり、適宜水分補給するなど熱中症予防対策を心がけてください! 

Please reload

  • Facebook Basic Square